ブロガーと呼ばれる人は楽をしているのか?

blogger 考察
blogger

自分がブログを始めたということもあり、せっかくなので色々な人のブログを見てみた。
正確には始める前に、媒体をどうするかで迷っていた。
はてなブログ、アメブロなど色々見つかった。

(私は世の中の流れに疎いのではてなブログというものがそんなに人気のあるサービスだと知らなかったw 結局私はHTMLとCSSの知識を実地で使って更に知識を深めたいという希望もあったので、拡張性の高いWordpressを選択した。)

また、ワードプレスなどのいわゆるどこに媒体を持つかもテーマとして取り上げたいとは思う。

 

ポイントは文末の「思う。」
「取り上げる」との表現ではないところから察して欲しい。
詰まるところ、気が向いたらということであるw

 

私みたいに日記調で書いている人はやはりネット検索ではあまり上位に引っかかってこないようであるw
一方収益化を狙っているであろう広告を入れているブログで、上位に来るものは驚くほどコンテンツのレベルが高い。

一時期GoogleがSEOを変えるといっていたがその影響なのだろうか。結構な精度で、良いコンテンツが人気を得て上位に表示される。

広告主にとっても、検索する側にとっても良いことなので望ましい方向に向かっているのではないかと勝手に思ったりする。

また、もう一つ気付かされたことがある、いわゆる広告アフィリエイトを狙ったサイトである。
これに関しても薄っぺらいサイトは上位に表示されておらず、かつ、「いいね」などもあまりついていない。
一方できっちりコンテンツを作り込んでいるサイトはこちらが無意識に先を読み進めたくなるような魅力的なコンテンツを作っている。いわば顕在化されたニーズのみならず徹底的に思考を深め、潜在化しているニーズを掘り起こしているように感じた。

世の中にはアフィリエイトというと嫌なイメージを抱く人が多いように思う。私もどちらかというとそうだったし、今も本源的価値のないものを、あるかのように見せかけて売り上げようなんて考えるなんてもってのほかだと感じている。

しかし、ユーザーニーズを満たしたサイトはそれとは一線を画する性質のものだと感じた。ユーザーが求めるサービス、商品を的確にかつ嘘偽りなく紹介しているのだから。
そこから稼げるのがむしろ真っ当な商売である。

話を少し戻そう。ユーザーの潜在的ニーズまで考えて作られたコンテンツの完成度は素晴らしいと感じた。相当時間をかけて構成し、コンテンツを作り込んでいるのが分かる。
全然楽な商売ではない。楽して儲けているとう批判は的外れに思える。

読みにくい、思考垂れ流しの私のサイトとは正反対だ(笑)

これならブロガーという職業は、批判されることなく堂々とビジネスをしていると言い切れるんじゃないだろうか。

(ちなみにブロガーとは別にアフィリエイターという言葉があるのは知っている。アフィリエイターは違うのだろうか。また調べておこう。(調べた結果を載せるのではなく今分かっていることを載せるのも当ブログのスタイルであるw  勿論気になって調べた結果を載せることもあるとは思うがそれは気分次第であるw))

私は相変わらずこのスタイルで広く繋がれることを求め、
ブログというインターネットの旅を漕いでいくだけ。
(ブログのスタイルとしては、突き放すようであるが、実はどこかで面白い出会いを求めている。いわゆるツンデレというやつなのだろうかw )

ブロガー。
私には縁のなさそうな世界だが
考えを変える一つの発見があったことはここへ記しておこう。

それでは一週間お疲れ様でした^_^  ゆっくり体を休めるとしよう。

おやすみなさいzzzz

コメント