「太古の黒うさぎ」に酔いしれて。

日記
kurousagi

黒糖焼酎なるものを飲んだことはありますか?

今日は知り合いのサーファーの方から頂いたお酒の話です。

(自分の記憶ではお酒を最後に飲んだのはお正月のような…….^_^; 久しぶりです!)

まずは黒うさぎを知ろう!

焼酎の名前にも付いている「黒うさぎ」……聞いたことあるだろうか?

まずはそこからいってみよう。黒うさぎとはなんぞや?

商品のラベルによると

天然記念物のアマミクロウサギは一千万年前の昔から生き続ける珍しい品種。マングースの繁殖で絶滅が心配されています。古の技と味を未来に伝える気持ちで、二十数年前より作り続ける長期貯蔵酒に黒うさぎと命名しました。

引用:太古の黒うさぎ(蔵元:弥生焼酎醸造所 商品裏のラベルの説明文より)

との記載がある。

 

kurousagi2

 

ふむふむ、なるほど、なるほど、と………..え? ?一千万年前とは。
そ、そんな昔から生きていた生物だったの?

 

今はマングースの繁殖が原因で絶滅危惧種になっているそうである。

なぜマングースが繁殖したのかと遡ると、ハブ対策に持ち込んだみたい。
しかし、マングースはハブではなく、アマミノクロウサギをターゲットにしたようで。。。

切ない歴史が裏にはあったのである。。

アマミノクロウサギ - Wikipedia

写真からは太古の昔より生息しているというだけあって野性味溢れた顔立ち。
うさぎというよりはねずみにも近い気もするが、かわいい。

そして肝心の黒糖焼酎のラベルもかわいい!かわいいキャラ好きの私にはハマる絵柄♪

 

黒糖焼酎にも歴史があって面白いので注目頂きたい。

(味、香りなど、焼酎に関しての本質部分を”敢えて”後回しにしている。天邪鬼な私w)

 

黒糖焼酎の歴史

次は黒糖焼酎がなんなのか。その歴史と共に振り返ってみよう。

原料はサトウキビ(黒糖)と米麹。1回蒸留の際、黒砂糖と米由来の風味は加わるものの、糖分は加えない為、糖分ゼロの焼酎である。

そして特筆すべきは作られる場所。
黒糖焼酎は、奄美諸島だけに許された製法なのである

kokutou

ま、なぜなのかは、上のをWiki参照でw

 

他では作られないという特別感がまたそそる。
そう、人間は希少性に弱い動物なのである。

 

肝心のお味は?

太古の黒うさぎは、長期熟成させた古酒。

 

口に含んだ瞬間、黒糖独特の甘い香りが全体に広がる。
暫く(といっても時間にして数秒であるが)含んでいると、熟成された心地の良い樽香が伸びやかに開いてくる。

(そう、冬眠から目が冷めたうさぎのように。(知らんけど。これは冗談ですw このかっこの一行は、書いてて台無しのコメントだなと気付く。消さないけれどw))

そして飲み込む瞬間には、ラム酒に似たバニラ香が、鼻からスーッと抜けていく。

香りは甘いが、糖分ゼロということもあり辛口の部類に入ると思う。

クオリティは非常に高いと感じた。

ラム酒だと若干粗野な感じが残る(だからこそカクテルにすると美味しいんだけどね^_^)。
芋焼酎は芋の香りが前面にでる。

さてこの黒糖焼酎はどうか。雑味が少なく、香りもよく、飲みごたえもある。かといって重すぎる訳でない。

意外ではあるがバランスが良い

また、太古の黒うさぎっていうネーミングとかわいいイラストも加点のポイントである。

飲み方としては、ロックか水割り(水3〜4割ぐらいが良いと思う)がおすすめ。

 

自分には気に入っている白ワインがあり、かれこれ10回ほどリピートしている。
家のワインセラーにはも常備しているのぐらいなのだが(ワイン仲間の人がこれを読んでいたら、イタリアのあれだなと気づくはず)、
それに次ぐ、ストックしておきたいお酒に今、ランキングした!

総合ランキング | 焼酎ランキング.com
Amazon.co.jp: 弥生焼酎醸造所 太古の黒うさぎ 黒糖 25度 720ml [鹿児島県]: 食品・飲料・お酒
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、弥生焼酎醸造所 太古の黒うさぎ 黒糖 25度 720ml を 食品・飲料・お酒ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 

あとがき

ほろ酔い気分で書いたので、内容が少し心配ではあります。

一度は読み返すことにしよう。ふむふむ。

だいぶかわいい、かわいい、と連呼していますが
実際リラックマやねこぺん日和などのかわいいキャラを、
こよなく愛す私だから間違ってはいないでしょうw

そのままで投稿することにしましょう。

人それぞれ好みはあるので積極的に推しはしませんが、焼酎好きな人はぜひ^_^

それでは!

コメント