隠れた割烹の名店「利助」はひっそりと。in 奈良 橿原

趣味

本日は、お気に入りの割烹でランチしてきました。

奈良が誇る隠れた名店♪

 

そのお店とは、以前この投稿に載せた「割烹 利助」

 

ジャンルで分けず、文句なく美味しい大阪・京都・奈良のお店7選
こんばんは。 本日は美味しいものを食べるのが大好きな私が 前々からまとめたいと思っていた厳選の店を列挙していくコーナーです 今回は出来るだけ主観を入れず、客観的にみて「美味しい!」と言えるお店を選びたいと思います。 どの...

 

 

http://www.kappou-risuke.com/

 

このお店、普通に前を通ると、存在すら中々気付けません。
「よし、今日は利助に行こう」と目的地にしても、思わず通り過ぎてしまうほど(笑)、
ひっそりと営業されています。

 

 

大将こだわりの海鮮を中心としたお料理が頂けます( ´ ▽ ` )

 

まずは個室の壮大な絵に驚かされます。ご主人が一枚一枚書かれているそうです。

そこに書かれた言葉もほっこりする一言。

そしてご主人は釣りが趣味なので、ご自身が釣った新鮮な魚も出てくる時があります♪

 

 

さて、それではお料理にまいりましょう!

 

ハモの子、赤貝の酢味噌和え、鰻ざく、隠岐のもずく、鮭の味噌漬け(刺身、エビのお寿司)

どれも細やかな仕事がしてあり、素材の味が存分に活かされています。
大将が一品づつ、「どこ産の○○です」と解説してくれるのも有難い(^_^)

ハモの子は初めて食しましたが、コクがあってお酒に合う♪
(今日は完全オフだったので、昼からビールと日本酒を…..( ̄▽ ̄) )

 

 

ホタテ貝柱のしんじょう

出汁がものすごく美味しいのもこの店の特徴ですね。

ふわふわしたしんじょうと、
温まって、とろりとろける胡麻豆腐の食感がマッチします。

 

 

奄美大島の本鮪、淡路島(沼島)のタイ、明石のタコなどのお造り

奄美大島産の本鮪……..美味い!脂の乗りが絶妙です。
赤身と中トロの間ぐらいで鮪本来の味が分かります。

そして淡路島沼島の鯛。淡路島と四国に挟まれた、海流の速い所で育っただけあり
歯ごたえがあります。

 

 

鯛のトロロ落とし

とろろが優しいですね〜また、鯛の身もしっかり形をとどめていて、噛むと旨味を感じます。

 

 

生の鯖の一口寿司(ほんの少しだけ酢でしめたもの)

ほんの少しだけ、酢で締めたとはいえ、殆ど生の鯖。
全然生臭さもなく、新鮮だから出せるんでしょうね^_^
鯖の脂の旨味と身の歯ごたえが心地良い一品。

 

 

和歌山すさみのケンケン鰹のタタキ

カツオと薬味がマッチし、思わずおかわりしたくなります(笑)

 

あさりの炊き込みご飯、赤だし

そうこうしているうちに締めへ。

あさりの炊き込みご飯も貝の旨味が染み込んでいてGood!

 

デザートの白玉

最後は白玉と温かいお茶でほっこりと。

 

 

 

いつも感じますがここのランチのコスパは素晴らしいですね♪

しめて3千円ちょっと。ご馳走さまでしたm(_ _)m

 

また近いうちに訪れたいと思います。

ここは季節の海鮮が頂けるので今度はフグかカニを頂きに…..♪

 

本日はこれまでと。

趣味
スポンサーリンク
よかったら投票して下さいm(_ _)m

ためになったと感じた場合はシェアしてもらえると嬉しいです!
Naoki Shihoをフォローする
四方直樹(Naoki Shiho) Official Site

コメント