Apple Watch Series4 に私がどうしても搭載して欲しかった機能

日記

先日、Apple Watch Series4が発売されましたね。

Watch
Apple Watchは、健康的な毎日を過ごすための究極のパートナーです。Apple Watch Series 4 CellularモデルやApple Watch Series 3など様々なモデルから選べます。

 

あまりスマートウォッチには興味がない私も惹きつけられるような魅力的な機能がたくさん搭載されていました。

なんといっても最大の特徴は「スマートフォンと繋がる補助的なデバイス」の範疇を超えた
新しい「健康管理の為のデバイス」に進化したことでしょう。

消費カロリー、走った距離・時間、心拍数、
ついには心電図まで(日本では未実装ではあるものの)。

明確なコンセプトを出してきたな〜という感じを受けます。

 

久しぶりに物欲を抱きました。わざわざApple Storeまで足を運んで実物をみてみましたからねw

ただ、1点だけどうしても付けて欲しいなという機能があります。

 

それは動画撮影機能。

サーフィンしながら、他の人のライディングを撮影したいんですよね。
また、海の中でApple Watchを仲間に貸して自分のライディングを撮って欲しい。

サーフィンはスポーツの中でも極めて特殊な部類に入ると思います。
波乗りとは言いつつも、実際に波に乗れる時間は極めて短い。

上手い人でも1時間のうち5分もライディングできていればいい方でしょう。

あとは沖に出る為や波を取りに行く時のパドリング、波待ちに時間を費やします。

そんな訳で上達するのには時間がかかる。だからサーファーは陸トレにもかなり力をいれます。
波に乗った時の感覚を体に染み付かせる為に。

そして上達に欠かせないのが、自分のライディングを振り返って、修正すること
現状を確認せずして先に進むことは出来ない。私がよく思うことです。

その為にも動画撮影機能が欲しかったなぁと感じました。

ネットで調べてみるとバンド部分が変えられるようですが
盗撮というキーワードが多く出てきました。

なるほど、時計のアームバンドの小さな穴から撮影出来たら
そういう目的で使う輩が出てくるのも容易に想像出来ますね。
(迷惑な話……(´・-・`) )

そんな訳で正規版には搭載されていないのかなと思いました。
(もしかしたら本当に別の技術的理由があって搭載されていないのかも知れませんけどね。ただ、心電図を搭載できるぐらいなのでその可能性は低いのではないかと感じています。)

でもGoProで海の中で撮影したり、友人と交代で浜辺からビデオ撮影するより
目の前でさっとライディング撮影出来たら文句なしに買うんですけどね。

ということで、ひとまずApple Watch購入はひとまずお預けです。

そんなサーフィンバカのお話でしたw

コメント