ニュースを疑う力を養うことの大切さ

ニュースについて考える力 考察

ちょこっと感じていることを文章にしてみたくなりました。いつも通り書きなぐりですw

 

来年の新興国市場は、世界的な成長減速や金利上昇、保護貿易主義、地政学的緊張がもたらす試練が高まるものの、おおむね安定を保つ──。ムーディーズ・インベスターズ・サービスは15日、こうした見通しを示した。

(引用:ロイター

こういった記事を見るとどの様に感じるでしょうか。
ムーディーズという、S&Pと並ぶ世界的に名の知られた格付け機関が「新興国市場はリスクをはらみつつも大荒れはしないだろう」と表現しており、
それをまた世界的に有名な報道機関であるロイターが報道する。

 

これだけで記事の内容を鵜呑みにするのは危険です。
(上記記事が間違えていると言いたい訳ではありませんでので誤解なきよう)

 

上記の記事の根拠を、自分なりに考えられる力をつけることが大切だと考えているのです。
自分なりの意見といってもいいかもしれません。意見を持つにはそれ相応の根拠が必要ですから。

 

報道されてくるニュースや新聞の全てに疑問を持っていては前に進みません。
でも今日は1記事に注目して、根拠を調べてみる。
明日は2記事に注目して….という風に少しづつ増やしていけば思考する力は付いてきます。

 

なお、根拠を求める際は
経済なら、株価、為替、経済指標になりますし、
政治なら、各国の政策動向、利害関係、首脳レベルでの対話などが参考になると思います。

より客観的には、数値に根拠を求めるようにしたいですね(もちろん数値化出来ないものも多いですが)

何もその分野に精通していなくても、自分なりの考え方を持つことは出来ます。
そしてそれは少しづつ自らの頭で考えること以外に養う方法はないです。

コツコツとで良いので
日々の情報について考えるクセをつけると
情報の取捨選択もしやすくなると思いますよ^_^

考察
スポンサーリンク
よかったら投票して下さいm(_ _)m

ためになったと感じた場合はシェアしてもらえると嬉しいです!
Naoki Shihoをフォローする
四方直樹(Naoki Shiho) Official Site

コメント