2025年の大阪万博、開催決定!めでたいですね。しかしある懸念が…..

経済

こんにちは。

ついに大阪万博が決まりましたね。

 

2025年 大阪万博が決定、55年ぶり
【パリ=奥山美希、中川竹美】2025年国際博覧会(万博)を日本(大阪)で開くことが23日(日本時間24日未明)、パリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会で決まった。大阪府・市などは年内にも運営組

 

関西人としては経済活性化の原動力となるのではないかと期待しています。

しかし喜んでばかりもいられないようで。

 

少し前に万博誘致の関係者複数名の方とお話する機会がありました。
もちろん彼らは開催を進める側なのですが、一方で不安も口にしていました。

 

それは宿泊施設の問題。これ、かなり深刻です。

近年の訪日外国人観光客の増加により、ホテルの価格は高騰しています。
ここ一年ほどの価格は天井をつけている感はありますが、決して十分な数が供給されているとは言えません。

そして件の万博誘致関係者の方は宿泊施設不足の問題を深刻に捉えていらっしゃいました。

よって、今後は民泊の推進と共に、ホテル建設が急ピッチで進むのではないかと考えています。

少し視点を変えてみると別の意味でのホテル不足が伺えます。
それは株主総会の開催日程と重なるという点です。

万博の開催日程は2025年5月3日~11月3日の185日間です。
一方、株主総会は3月末決算企業の場合、多くが6月末に集中します。

関西で創業し、本社を東京に移した企業が多いとはいえ、
まだまだ商人の街大阪には沢山の有力企業があります。

これらの企業からは、
株主総会と万博の日程とバッティングすることで
会場変更をせざるを得ないケースが出てきそうだと聞いています。

こんな事情もあったりということで。。。

結果としては、関西経済の活性化に繋がりますので良いことですが、
当事者の方はこれからが正念場だろうなと感じました。

経済
スポンサーリンク
よかったら投票して下さいm(_ _)m

ためになったと感じた場合はシェアしてもらえると嬉しいです!
Naoki Shihoをフォローする
四方直樹(Naoki Shiho) Official Site

コメント