読書 図解ワイン一年生 サンクチュアリ出版 著:小久保尊 イラスト:山田コロ 

読書 図解ワイン一年生 書評
スポンサーリンク

ワインですが、国、産地、品種、色々あって混乱しませんか?

私は物凄く混乱していましたw

で、本を買って勉強しようと思っても難解すぎて諦めてしまっていたんですよね。

 

そんな時に救世主が!

この図解ワイン一年生は名前の通り、ワインを始めたての人向けに書かれています。

ただ、ポイントなのは内容が一年生どころか高校生(?)ぐらいのレベルまで書かれていること。
(要は結構ワインを飲んでいる人にとっても勉強になるということですww)

それでは特徴をみていきましょう!

スポンサーリンク

図解ワイン一年生の特徴

・3ページに1枚ぐらいの割合でイラストが入っているので飽きない。

・ワインが擬人化されていて、それぞれの特徴を的確に表しているので記憶しやすい。

・ワインの王道、旧世界のフランスから始まり、イタリア、スペイン、ドイツ、
そして新世界のアメリカ、オーストラリア、チリ、日本などメジャーな国を全てカバー。

・どんな時にどんなワインを選ぶべきか、大きな指針を示してくれる。

・我々が普段ワインを飲むときの疑問に答えてくれている。

・複雑なフランスのAOC制度、イタリアのDOCG(DOP)も詳しく説明してくれている。

 

まとめ

 

産地や品種など細かいことは知らなくても、ワインは楽しめるものです。

でも知れば、もっともっと楽しくなり、料理との相性も感じられます。

ワインをもっと知りたい、今よりワインをもっと楽しみたい人にとってはぴったりの本だとオススメします♪

(事実、かなり通のワイン仲間もこの本を押していました^_^)

 

 

コメント