【読書感想】amazon 世界最先端の戦略がわかる 書評

【読書】amazon 世界最先端の戦略がわかる 著:成毛眞 ダイヤモンド社 書評
スポンサーリンク

amazonはいつの間にか我々の生活に深く関わってきています。

もしネット通販の会社だと思っていたら、それはもう認識を改めないといけません。

そんなamazonを深く知ると、これからの企業がとる戦略、そして未来が見えてくる、そんな本です。

スポンサーリンク

最先端の戦略がわかる amazon の概要、感想

・amazonは思った以上に私達の生活に入り込んできている
・ネット通販だけではない
・ネット通販に関連して物流サービスにも進出している(倉庫をもち、販売業者からの在庫を預かり発送作業も担っている。FBAと呼ぶ。)
・AWSというサービスを武器に、今や世界最大の企業向けクラウドサービス提供会社になっている。
・ネットだけに止まらずオフラインでの進出も進んでいる。高級スーパーとして知られるホールフーズ・マーケットを買収している。
・Amazon Goという無人店舗も始まっている
・自動運転、顔認証にまで投資を行なっている。

 

上記特徴のようにamazon(Amazon(アマゾン) 以下アマゾンで表示)は知らず知らずのうちに我々の生活に欠かせないものとなってきています。

書籍の深い内容には触れないですが
アマゾンがとっている戦略は極めて”戦略的”で、消費者にとっては欠かせないものに、ライバル会社にとっては脅威となる会社となっています。

特筆すべきは、各々のサービスの関連性にあると私は感じます。一つのサービスを使っていると近接する他のサービスをアマゾンがカバーしているのでそれを利用するようになる。
そしていつの間にか生活はアマゾンのサービスに囲まれるというわけです。

なお、内容に深く触れないのにはワケがあります。
この本は後述するように企業の戦略の勉強にもなるし、これからの世の中がどこへ向かうのか、というところまでを暗示してくれている良書ですので、是非ご自身で手にとってみてもらいたいという思いがあります。

私は長く読み継がれてきた本はそれだけの価値があると考えています。経年に耐えるのだから。
それに対して、近年ではあまり経年に耐え得る本がないと感じています。フローの情報に過ぎないような本が多いのです。そんな中でこの本は、今後の将来を見据える上で大切な本になるだろうと感じたというワケです。こんな思いを抱いた書籍は久しぶりです。

 

私が今年読んだ100冊の中では間違いなく10番以内に入る良書です。
いい本に出会わせてもらえました。

企業のとるべき戦略。これからの世の中がどうなるか。それを考えるきっかけになると感じました。

コメント