【処世術】相対的、絶対的な幸せから、人生を豊かに生きる術を考える

【処世術】相対的な幸せと絶対的な幸せから、どのようにして人生を豊かに生きるかを考えてみる考察

本日は少し哲学的ですが、「幸せ」を切り口に、「人生を豊かに生きるには?」ということを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

今、幸せですか?

はじめに皆さんに伺いたいことがあります。「今、幸せですか?」
(別に怪しい宗教への誘いではないので安心して下さい^_^; )

次に以下のことを考えてみて下さい。

なぜ幸せ(幸せでない)か?
そしていつ・誰と比べて、幸せ(幸せでない)かを思い浮かべてみて下さい。

 

なぜこのようなことを伺うかというと、幸せ(幸せでない)と感じるにはそれなりの理由があるだろうし、それは過去の自分もしくは誰かと無意識的に比べて出てくる感情ではないだろうかと考えているからです。

極端な話、離島で生まれ、一人で暮らしている限り、「幸せ」とは何かと感じることも出来ないと思うんです。

他者との交わりの中で比較するからうまれるものそれが幸福(幸せ)ではないかなと。
(これは人間の感情全般に当てはまることだとは感じていますが、分かりやすいので、本日は幸福(幸せ)をテーマにしてみました。)

スポンサーリンク

2つの側面から幸せというものを考えてみる。

絶対的な幸せという観点から考えれば現代はどう評価出来るのか?

仮に200年前と比較してみましょう。

200年前は江戸時代ですね。

食事も権力を持っていた人は美味しいものは食べられたでしょうが、それでも保存技術は発達していないし調理器具もない。また鎖国していたので他国への訪問も限られていたでしょう。職業も固定化されていたはずです。

一方、現代に生きる私たちは技術の進歩により美味しいものを食べることが出来、移動の自由もあり、自分が希望する職業につくことも出来ます。

絶対的な幸せという意味では圧倒的に幸せになっているのではないでしょうか?

 

それでは相対的な観点から見てみましょう。

相対的な幸せという観点から考えれば現代はどう評価出来るのか?

相対的にというとその時感じていた人の感情を比較することになります。

200年前の人がどういう感情を抱いていたかは分かりません。ただ、私は相対的にみると少なくとも現代は幸せと感じている人の数が圧倒的大多数ではないと感じています。

昔は色んな制約があった。今は自由に出来る要素が多い。

裏を返せば自由に出来る要素が多いからこそ、悩む場面も多いのではないかなと感じています。
今までは社会で決められたルールの中で生きていればよかったし、その中で決められたことをしていれば一定程度の安定した暮らしは得られた。

それが現代では自由に決められる要素が増えてきたが為に、色んな生き方が許容される様になってきた。それが故に迷う人も多いし、成功する人と人生に失敗した人の格差が開く。

 

2つの側面からみた幸せの結論

絶対的な幸せは大きくなってきているが、相対的な幸せは必ずしも大きくなっていないというのが私が導いた結論です。

 

スポンサーリンク

自分の中のブレない軸を見つける必要がある

相対的な幸せを上げる為に大切なことは、「過去の自分の比べて幸せかどうか」という視点を持っておく必要があるのではないでしょうか?

人と比較していてはいつまでたっても「幸せ」は見えてこないように思います。
例えば大金持ちになりたいとしたいとしましょう。
自分が望んだ大金持ちになれたとします。そして世の中を見渡してみたときには自分より稼いでいる人は山ほどいることに気付かされます。

人と比べている以上、上記の無限ループにハマる可能性があります。

 

そうでなくて、自分の中の確固たる人生の軸を決める。これができていれば変に惑わされることはありません。人は人、自分は自分と分けて、自分自身の幸せを考えることが出来ます。

 

どうやって自分の中のブレない軸の見つけ、確立するか?

ではどのようにして自分の軸を見つけ、確立すれば良いのでしょうか?

自分の軸の見つけ方

それには自分自身の体験を全て見つめ直してみる必要があります。
そして自分にとって一番大事な価値観はなんなのか?を深く考えていく。

多くは自分の過去の体験がヒントになるはずです。
自分が幸せだと感じた体験を掘り下げていく。なぜそう感じたのか。それはどんな事実があったからなのか。

そうすれば自分が大切にしている価値観が見つかります。
それを大事にしていくのです。

見つけた軸をどう確立するか

自分の中で優先すべき価値観が見つかっても、それを意識付けしておかないと人間は忘れてしまいます。

忘れるというよりは、意識しないが為にその軸とは異なった行動をとってしまうことがあると言った方が正しいかも知れませんね。

ではどのように意識付けするか?

自分のブレない軸(価値観)を決めたら、それを実現する為に日々取るべき行動に落とし込み、習慣化することで日々意識出来ます。

例をあげましょう

自分は家族を一番大事にするという価値観を持っているとします。ただ、それだけでは大きすぎて行動に移せませんから、ブレイクダウンします。

家族を大事にするという価値観を実現する為に、朝食は毎日皆揃って食べる、一日◯時間は家族と過ごす時間を作る、休日は家族と一緒に過ごす……など色々あります。

ポイントは無理のない範囲で行いましょう。無理をするとそれは義務感へ変わり、途端に習慣化が困難となります。

あくまでも自分が大事にしたい価値観、軸を実現する為の手段であることを忘れないでください。

それさえ忘れなければ、きっと自分の軸が確立出来ます。

 

習慣化はこちらの記事が参考になるかも知れません。
良かったら参考下さい^_^

ロングブレスダイエットを5年間続けた結果は?体質自体に変化が。
今日はロングブレスダイエットという、自分が習慣にしていることを書き記していきます! 週に何回かやる、といった習慣でなく、日課。 毎日おこなう習慣。私の生活の一部になっていることを紹介します。 最近聞かなくなりましたよね?この「...
1日6分のロングブレスダイエットを習慣化させるコツ
こんにちは。四方直樹です。 年の瀬も迫ってきましたね。 秋から冬にかけては食べ物が美味しくなってくる季節。 加えて新年会、忘年会が重なる時期でもあります。 でも私は体重が変わりません。 それは毎日ロングブレスダ...
新年の目標の立て方と、それに向けて挫折せず着実に進んでいく秘訣
新年を迎えて、新たに仕事や資格取得に向けて頑張ろう思っている人も多いのではなないでしょうか? ただ、毎年、目標を決めたはいいものの、年末に振り返ってみたら全然出来ていなかったなぁ、、という経験はないでしょうか。 私は10年前まで...

 

スポンサーリンク

最後に

今回は「幸せとは?」ということを切り口に、どのようにすれば人生を豊かに生きられるのか、お話してきました。

私達は社会の中で生きています。その中で他者とどう関わり、自分の幸せを実現していくかは大きなテーマだと感じています。インターネットを通じて、関わる社会の範囲が大きく拡がった現代では特にその重要性は増してきています。

色んな切り口から今後も考えていきたいと思います^_^

 

本日は以上です。

それでは!

考察
スポンサーリンク
「ためになった」と感じた場合はシェアしてもらえると嬉しいです!読んでくれる方の数が多くなると、更新する原動力になります^_^
フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
四方直樹(Naoki Shiho) Official Site

コメント

テキストのコピーはできません。