【読書】木村拓哉主演、長澤まさみ共演映画の原作文庫本の感想

【読書】マスカレード・ホテル 著:東野圭吾 書評→木村拓哉主演、長澤まさみ共演映画の原作小説 書評
スポンサーリンク

本日は私が小説にハマるきっかけとなり、最も好きな作家である東野圭吾さんの
マスカレードホテルをご紹介します。

小説マスカレードホテルは、
2019年1月18日(金)公開の木村拓哉主演、長澤まさみ共演の映画「マスカレードホテル」の原作にもなっているので注目も高まっています。

以下ではネタバレしないように小説の感想や注目ポイントを上げていきますね^_^

スポンサーリンク

マスカレードホテル 著:東野圭吾 の感想

マスカレードホテルのあらすじ

東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。

数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができる帰国子女であることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。

立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。

Wikipedia より引用)

文庫本マスカレードホテルの感想

あらすじは上記の通りとして、私が感じた感想を。

東野圭吾作品ならではの絶妙な伏線の張り方

最後まで読んでみて、「あそこがキーポイントだったのかぁ」と伏線の存在に気付かされます。

しかも、怪しい人間は沢山いる中で何気ない行為に伏線を忍ばせる手法は東野圭吾さんならではの巧さ。

これは1回目読んだ時には気付かないこともある。だから2回目、3回目と読んでしまうんですよね。

伏線は分からなくても楽しく読める。でも分かったとにはもっと楽しく読める。そんなものだと感じています。

ホテル業務の大変さを思い知った

ホテルには私たちが思っている以上に沢山の目的、感情、思い出を抱いて訪れる人がいる。それらの人の感情を少しでも汲み取って、いかにホテルで心地よく過ごしてもらうかというホテルマンの矜持を感じました。

私の友人にも海外のホテルのフロントで働いている人がいるのですが、その彼女を思い浮かべた時に思わず尊敬の念を抱きました。

 

警察がホテルと一緒に仕事をすることの難しさ

警察は来る人を犯人の可能性がある「怪しい人」との前提でお客様と向き合わないといけない。
一方でホテルマンは目の前のお客様が滞在中に不快な思いをすることなく気分よく過ごしてくれることを念頭に目の前のお客様と向き合わないといけない。

どうしても衝突しますよねw 警察は根ほり葉ほり聞きたいわけですが、ホテル側からしたらそんなことをされて変な噂でもたてられたらたまらない。。

その辺りのジレンマと共に、山岸と新田がどう折り合いをつけて、犯人逮捕という一つの目的へ臨んでいくのかが見所になっています。

東野圭吾のサスペンス小説では珍しく、アクティブかつ読了後が爽やか

東野圭吾の小説全般に言えることかもしれませんが、主人公が積極的に動いて何かをチャレンジすることはあまりないように感じます。むしろ周りからの状況の変化で動かされていくパターンが多い気がしています。(一応東野圭吾ファンとして全ての著書を読んだ上での感想です^_^)

また、サスペンス系で読了後爽やかな気持ちになれるのも珍しいシリーズですね。是非、劇場で映画を見る前、または見た後でも原作の描き方との比較も含めて楽しめると思います。

私はとりあえす、マスカレードホテルを読んだ上で、映画の上映を見にいくことにしますw

皆さんはどんな楽しみ方をするのか、気になりますね。

マスカレードシリーズは下記に述べている通り、3作品あります。それぞれ単体で読んでも楽しめるし、出版順に読むと流れがより良くわかります。

映画と原作(マスカレードホテル)そしてそのシリーズもの2冊も併せるとより楽しみが増えると思いますよ^_^

マスカレードホテル (2019年1月公開映画の原作)

 

 

なお、マスカレードシリーズでは
出版順ではマスカレードホテルマスカレードイブマスカレードナイト
ですが
時系列ではマスカレードイブマスカレードホテルマスカレードナイト

となっています。どの順番で読んでも楽しめるようになっているのも東野圭吾さんの小説の特徴ですね。

 

なお、マスカレード・ホテルの次がマスカレードナイト です。
こちらはホテルマンとしての経験を一回積んでいる新田刑事がどの程度ホテル業務に関わりつつ捜査を進めていくのか、最後まで目を話せない作品になっています。

マスカレードホテルの前夜を描いた、マスカレードイブ

また、マスカレードホテルで山岸と新田が、コンビを組む前のお話であり、
二人の新人時代を含めたストーリーに加えて、マスカレード・ホテルで言及されていた場面、セリフを想起させる物語を描いたマスカレードイブも面白いですよ。

最後に

マスカレードシリーズは面白く、評価も高いので、映画も楽しみにしています。

同時に、いち東野圭吾ファンとしては、
映画を見た人が、原作やシリーズ物を読んでみてくれると嬉しいなと、と思っています^_^

 

本日は以上です。

それでは!

コメント