ECBBの落ちないドリンクホルダー#2GOを5ヶ月間使った感想

ECBBの落ちないドリンクホルダー#2GOを5ヶ月間使った感想 レビュー

NHK おはよう日本 まちかど情報室でも特集された、ECBBの新商品である、落ちないドリンクホルダー#2GO(TwoGO)を5ヶ月間使い続けてきました。

 

色んなシチュエーションで5ヶ月間使ってきた感想をフラットな目線からお伝えしていきます!

最初に。
#2GOはこんな方にオススメできます。

・キャリーバッグをよく使う人。
・ジーンズを履く人。
・カフェやコンビニでドリンクをよく買う人。
・ベビーカーを利用している人。
・リュックサックをよく使う人。

#2GOはその設計上、棒状の引っ掛ける場所があればどこでも取り付けられます
傘も可能。

私が上で挙げた対象はごく一部の方になると思います。実際はもっと多用途で使われているはず。最近はニュースでも取り上げられていますので、色んな使い方を知る機会も多くなるかもしれません。

ご自身ならではの使い方を発見するのも面白いと思いますよ^_^

ECBBの落ちないドリンクホルダー#2GOの感想

【#2GO(トゥーゴー)】モバイルマルチポーチ&ドリンクホルダー
#2GO(トゥーゴー)は、ドリンクホルダーやモバイルポーチ、マルチポーチなど、自由で様々な使い方ができる、マルチポケットです。ワンタッチで付け外しできるから、いつでも、すぐに、どこへでも持っていけます。これまで手に持っていたドリンクや、スマホなどの手荷物もサッと収納することができます。超軽量で持ち運びもラクラク。#2G...

#2GO外観

ブラックで統一されたシックな色合いです。シチュエーションを選ばず様々な場面で使えます。

質感はしっかりしており、品質の高さを伺わせます。形状も崩れることなく長く使えそうです。

ECBBの#2GO

袋部分が分離できます。よって、仮に汚れた場合でも外して洗うということも簡単に行えます。

ECBBの#2GO上下

 

袋部分だけ外して上から見た図。前面から底にかけてメッシュになっています。
夏の暑い時期に冷たい飲み物を買うと水滴が発生します。それも#2GOなら底に貯まる心配はありません。

ECBBの#2GOの袋部分を上から

側面にはちょうどペンが1本程度通る穴が設けられています。
設計側はモバイルバッテリーやスマホを入れた際、線が混雑しないように設けたものかもしれませんが、私は下記のように使っています。
モノとしての品質が良いのは当たり前だが、それに加えて各人のアイデア次第で使い方が拡がる。これは良い商品の特徴だと感じます。

ECBBの#2GOの側面

#2GO使用時

 

装着する際はクリップを開き、取り付けたい所に挟み込みます。そしてゴム紐でアジャスターへ固定します。

ECBBの#2GOを装着する時

クリップの根元にはコイル状の丈夫なバネが付いています。
これにより、太い形状のものに引っ掛けてもしっかり固定できる構造になっています。

ECBBの#2GOのクリップ部分

 

私はジーンズのベルト通しにクリップを挟み込んでゴム紐で留めています。

中に入れているのは秘かにPalmo装着のiPhoneですね^_^

ECBBの#2GOを装着

 

ここからが真骨頂。しゃがんでも角度が変わりません。

通常の入れ物だと角度が変わって中身が落ちてしまいます。それだとケースとしての機能を果たしません。でも#2GOは装着側の角度が変わっても、地面と垂直を保つように設計されています。

ECBBの#2GOを着けてしゃがんでみる

 

キャリーバッグにも簡単につけることができます。キャリーバッグは結構太い形状ですので、通樹のゴム紐だと切れてしまうことがあります。付属のアジャスターセットを使いましょう。

ECBBの#2GOの付属アジャスター

 

移動する時の#2GOはどうなっているかも見てみましょう。

きちんと地面と垂直を保っています。

#2GOを初めて使った時はちょうどこちらの出張用カバンに取り付けましたが、非常に快適でした。

ECBBの#2GOをキャリーバッグへ装着し、移動

 

スマホとバッテリーを入れても十分な収納できます。

移動しながら充電したい、そして電話がかかってきたらすぐに取りたいという人にはぴったりですね。

ECBBの#2GOへスマホとバッテリーを入れてみる

 

さて、出荷時のゴム紐だと太い形状には巻き付けられないことがあります。

そんな時に役立つのが付属のゴム紐とアジャスターです。これにより大幅に着けられるものが増えます。

下の写真うち、上が出荷時、下が付属アジャスター装着時です。
なお、付属アジャスターを取り付けるには、通常のゴム紐を切る必要がありますので、それだけご注意下さい。

ただ、その分使える範囲が拡がることを考えると付属アジャスターを取り付けることをオススメします。

(取り付け方は商品到着時に同封されている図が大変わかりやすく、2、3分で付属アジャスターへ交換ができます。)

ECBBの#2GOの付属アジャスターを装着

使い方のポイント

#2GOの構造から、どのように使えばこぼれにくのかを考えましたので、使用上の参考にしてもらえれば嬉しいです!

#2GOの構造を考えてみる

1.黄色部分のボタンは裏表がオスメス構造で入れ替えできない仕組みなってます。

2.TwoGOのロゴと、上部クリップが付いた赤色部分の取っ手が同一方向を向くように設計されています。

3.上部クリップのある取っ手は非対称で、中にモノを入れると後ろ側(つまりTwoGOのロゴとは反対側)に倒れ易い構造になっています。

4.よってTwoGOのロゴの面が倒れる方向になるように、装着すると中に入れた物が落ちにくい、そういう設計になってます。

ECBBのモバイルポーチ#2GOの使い方

このように装着すれば大丈夫!

下記のようにロゴがある面が倒れる方向になるように装着すれば、地面と水平を保つことができ、こぼれる心配はありません。

 

ECBBの#2GOの使い方

スマホやバッテリーを入れても上手く倒れてくれるので落ちる心配がありません。

ECBB#2GOの装着の良い例

 

#2GOを使い続けて感じたメリット、デメリット

#2GOのメリット

・なんといっても最大の特徴である、中の物が落ちない構造になっていること。

・付属のアジャスターにより太い形状の物にも簡単に巻き付けられるようになっていること。

軽く持ち運びやすく、それでいて大容量であること。

袋が分けられるので、袋だけ洗うことも可能であること。また最近、黒だけでなくカラー対応し、なおかつ袋部分だけを取り替えられるようになりました。気分を変えたい時や複数個持っている場合にはとても助かりますね^_^

カラーバリエーションはブラック、レッド、カーキ、ネイビー、グレイの5色になっています。

#2GOのデメリット

デメリットというほどのデメリットは正直感じていなくて、どっちかというと使用上の注意点になりますが。。

・付属のアジャスターを使った際には自分で余裕幅を決められるので、緩めに設定した場合外れることがあります。しっかりとアジャスターを締めるようにしましょう。

・上記の「使い方のポイント」で述べたように、装着する方向を意識すると、より安心して使えます。「TwoGoのロゴがある面が倒れる側」ということを頭に入れておくと良いかもしれませんね^_^

・現在のモデルでは上部がボタンなどで閉められるようになっていませんが、将来的に閉められるようになれば、より安全に荷物を持ち運ぶことができるのではないでしょうか^_^
ECBBさんの開発力は大変高いので期待を込めてこれも入れておきます♪

ECBBの#2GO(TwoGO)レビューまとめ

私は普段、ジーンズやバックパックの肩紐に装着しています。また出張時のキャリーバッグには常に装着しておりいつでもすぐに使えるようにしています。

ドリンクホルダーと銘打っているように、ドリンクホルダーとしての使い勝手は抜群です。またカバンに入れていると取り出すのが面倒なスマホやバッテリーを収納するのに#2GOはとても便利です。

加えてメモを入れ、側面にペンをさして、どこでもメモが取れるようにもしています。

このように、使う人に寄り添い、生活を豊かにしてくれるのがECBBのプロダクトだと感じています。使えば使うほどに、「なるほど、この部分はこういう用途の為に設計されていたのか」と感心させられることも多いです。

今までPalmoフォルダブルPalmo for iPadと色々使ってきましたが、さらにECBBが好きになりました^_^

 

Two GO

 

まとめ買いがお得になっています。欲しい製品が複数ある場合は有難いですね。

EM Storeなんでもまとめ買いセット

 

ECBBファンの私が、第三者の目でレビューした記事一覧

応援しているECBB(株)
<革新的な製品を世に出し続け、私が常に応援しているECBB > ECBBプロダクトへの私の思い 私は世の中に出ている製品やサービスに、心動かされることはあまりありません。(感動するというレベルで、という話です。素晴らしいと思...

コメント

テキストのコピーはできません。