投資的思考を身に付けて、令和のAI化時代を生き抜こう

投資的思考を身に付けて、令和のAI化時代を生き抜こう 考察

AI化が進む令和の時代。これからを生き抜く為に必要な考え方をお伝えしていきます。

今回の記事では、下記のように自動化されていく世の中でどう対応すれば良いのかと考える人に「読んでよかった」と思ってもらえる内容になっています

・AI化が進むといっているけれど、自分の仕事はなくならないか心配
・どんな考え方を持っていればこれからの時代、暮らしていけるのか
・お子さんの教育を考えた時にどんな思考を伝えてあげたらこれからの時代に役立つのか
スポンサーリンク

投資的思考を身に付けて、令和のAI化時代を生き抜こう

H2タグ下の画像

結論としては「投資的思考を身に付けましょう!」ということです。

投資的思考とは私が作った用語です。投資はインプット(リソース)に対してどれだけアウトプット(価値)を出すか、が大事になってきます。

その考え方を日常生活にも応用していこうというわけです。

投資的思考ができると、自分の限られたリソースからいかに価値を生み出すかという本質的な考え方が身につきます。

私はこの思考をベースにし始めてから、無駄な行動がまず減りました。そしてより自分が大切にしていることに時間を割けるようになりました。

それでは詳しくみていきましょう。

投資的思考とは?

付加価値

インプットに対するアウトプットの割合で効率性をみましょう、ということです。

いくらアウトプットが多くてインプットが多ければ効率的ではないですよね。
自分の貴重なリソースを圧迫する原因になります。

ではどうすれば良いか?

①インプットを減らして、アウトプットを増やす。(緑)
これができれば最高ですよね。でも実際には中々上手くいきません。それもそのはず元々のリソースを減らしているのですから。

②アウトプットはそのままでインプットを減らす。(オレンジ)
これならなんとか出来そうですね。工夫によってアウトプットを増やすという方法ですね。

 

③インプットを増やして、それ以上にアウトプットを増やす。(赤)
これが一番現実的です

なぜなら、インプットに対するアウトプットは比例関係にないからです。アウトプットは加速度的に増えていきます。

 

以上からインプット(リソースの投入)をして、それ以上にアウトプット(価値)を生み出せば良いことが分かりました。

では具体的に私たちは何をすれば良いのでしょうか?それをみていきましょう。

投資的思考を効率的に実現する方法

前提として意識して頂きたいのですが、私達のリソースは有限です。

→「そんなの当たり前だよ」というのは少し待って下さい笑

 

リソースといえば、お金、これはまず思い浮かびますね。それ以外には?
時間もそうです。時間は誰しも寿命というものに縛られて永遠に生きることは出来ないのでリソースの代表格です。

労働力、機械などリソースとしてはいっぱい挙がりますが、多くは時間とお金に帰着します。

そして究極的にはお金も時間をかければ稼げます。

よって、絞って絞っていくとリソースは時間ということになります。

 

時間を上手く使って、AIには生み出せない価値をいかに多く生み出していくか、が本質的に考えないといけないテーマなんです。

時間効率を意識する

まず、自分の時間を分析するところから始めましょう。

私たちには知らず知らずのうちにアイドルタイム(無駄な時間)があります。

例えばテレビをぼーっと見たり、なんとなくスマホを触っている時間、電車に乗ってる時間などなど。

自分の1日を表にすると一目瞭然ですので一度やってみることをおすすめします。

そこで削れる時間は削って、アウトプットを生み出す活動に充てる。

 

AIには生み出せない価値

次にAIには生み出せない価値ってなんでしょう?

世の中ではAIによって取って代わられる職種というものが沢山挙げられています。

そのどれもが、単純作業で調べれば分かるものです。これからはググれば分かることは優位性を持ちません。

いくら東大、ハーバード、MITを出ていても、それが知識に依存している限りAIにとって変わられます。

知識と知識を使って新しいアイデアを生み出すこと。それが大切になってきます。
そしてそのベースとなるのが論理的思考力です。

皮肉にもAIは論理の塊、つまりプログラミングから出来ています。

それを自ら生み出す側にならないと生き残っていけません。

 

これは何も「プログラミングをすべき!」といっている訳ではありません。一例です。

根本は論理的に物事を考え、それを表現していけるかです。

この部分を鍛えていくことで、まずアウトプットの質が良くなります。
なぜ駄目だったのだろうと考え、次に繋げる癖がつくからです。

それを繰り返していくことで、知識は頭の中で結びつき、新しいアイデアのもととなります。

論理的思考力は一朝一夕で身につくものではありません。日々考える習慣をつけることが大切です。

そしてそれにプログラミングが役に立つことも事実です。

関連記事をのせておきますのでよかったらこちらも覗いてみて下さい^_^

文系非エンジニアのPython最短習得ルート
おはようございます。今週はあたたかくなりそうです。 気温の変化が大きいと体調も崩しがちになります。 お体ご自愛下さいね^_^ --------------------------------- それでは今日の日記...

 

 

 

 

考察
スポンサーリンク
「ためになった」と感じた場合はシェアしてもらえると嬉しいです!読んでくれる方の数が多くなると、更新する原動力になります^_^
フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
四方直樹(Naoki Shiho) Official Site

コメント

テキストのコピーはできません。